あなたは人の歯が何本あるか知っていますか?

少し前に親知らずについてお伝えしました。
そこで「8番目の歯」や「第3大臼歯」といった表現があったと思います。
そこで、ヒトの歯は何本あるのかを、今回もまた、『歯のトラブルは万病の元』からお伝えしていきます。

永久歯は28本親知らずを入れると32本

乳歯は、生後6ヶ月頃から生え始め、3歳頃までに全部で20本が生え揃います。
歯列の真ん中に前歯が左右に2本づつ、上下あわせて8本あります。その奥には乳犬歯が上下左右あわせて4本あります。さらにその奥には乳臼歯が左右2本づつで、上下あわせて8本になります。

乳歯は、永久歯に比べ表面のエナメル質が弱いため、むし歯の進行が速いという特長があり、乳歯のむし歯を放っておくとその下に待機する永久歯にも悪影響を与えてしまいます。そのために、しっかりとケアすることが大切です。

永久歯は全部で28本、親知らずを入れると32本になります。

6歳頃から生え始め、12歳頃までに生え揃います
歯列の真ん中に前歯が左右に2本ずつ、上下合わせて8本あります。その奥には糸切り歯と呼ばれる犬歯が上下左右あわせて4本、さらにその奥には小臼歯が左右2本ずつで、上下あわせて8本、一番奥には大臼歯と呼ばれる大きな歯が左右2本ずつ、上下あわせて8本になります。

  カテゴリ:その他