虫歯

むし歯はどのようにしてできるのか

歯が痛いと悩んでいたり、歯に何か引っかかった感じがすると気付かれた方、もしかするとそれはむし歯かもしれません。それではなぜ、むし歯になると歯が痛くなるのでしょうか。そもそも、むし歯とはなんなのでしょうか。

むし歯とは口の中の細菌が酸を出して歯を溶かしてしまう病気です。正式にはう蝕といいます。

むし歯菌の一つにミュータンス菌があります。このミュータンス菌は糖分を取り込みグルカンという物質をつくります。このグルカンは歯のエナメル質にくっつきミュータンス菌が住む場所になります。しだいに他の菌も集まり、多くの菌のすみかであるプラークになってしまうのです。

菌のすみかであるプラークではミュータンス菌は糖分を分解し酸をつくります。この酸が歯のエナメル質を溶かすことで、歯の成分であるカルシウムやリン酸が溶け出してしまいます。この歯の成分が溶け出してしまうことを脱灰といい、むし歯のはじまりとなるのです。

しかし、人間の唾液は酸を中和することができるため、歯は修復を始めます。これを再石灰化といいます。この再石灰化のため歯は簡単にむし歯にはなりません。それでも、磨き残しがあったり、常に口の中に食べ物があると再石灰化のスピードが追い付かなくなってしまいます。

また、プラークはしだいに厚みを増し、バイオフィルムという膜を作ってしまいます。唾液はこのバイオフィルムを通ることができないため再石灰化が進まなくなってしまいます。

再石灰化が進まないと歯が修復されないため歯はどんどん溶けていきます。この溶け出した穴から菌が感染してしまう、これがむし歯です。

むし歯をほおっておくとどうなるの?

むし歯をほおっておくとどうなってしまうのでしょうか。むし歯はエナメル質を溶かし、象牙質まで到達します。さらに歯髄まで達し最後には歯の見える部分がなくなってしまいます。

むし歯の進行度はC1~C4に分類されます。このCとはドイツ語でむし歯という意味のCariesからきています。

C1がエナメル質がむし歯である状態、C2が象牙質までむし歯である状態、C3が歯髄までむし歯が到達した状態、そしてC4が歯の見える部分が残っていない状態です。この分類は便宜上のもので、例えばC2に近いC3というように個人個人で口の状況が異なります。そのためお客様の口の状況を把握し、最適な治療を施す、ということを当院では心がけています。

むし歯の段階ごとに適切な治療があります

では、段階ごとに合った治療とはどういうものなのでしょうか。削らないといけないのか、銀歯になってしまうのか、はたまた歯を抜かなければならないのか。ここでは段階ごとの治療法をお伝えします。

C1の段階

エナメル質がむし歯であるC1の段階では、歯を削り、詰め物をします。具体的にはレジン修復というコンポジットレジンというプラスチック樹脂を削った部分に詰める治療をおこないます。詰め物の型をとらないで修復するため一回の診療で治療が完了します。

C2の段階

次に、象牙質にまでむし歯が到達したC2の段階ではC1のむし歯よりも大きく歯を削ります。削ってできた穴にインレーという詰め物をします。このインレーは歯の形にピッタリ合うものが必要であるため、歯の型をとり調整していかなければなりません。この治療法をインレー修復といいます。

C1もC2も神経にまでむし歯が到達していないため歯を削って詰め物をすることで治療が可能です。しかしC3以降は事情が変わってきます。

C3、C4の段階

C3以降は歯髄が菌に感染してしまっています。歯髄とは歯の神経、血管、リンパ管を含む部位のことをいいます。歯髄が感染すると熱いものが歯にしみるようになります。このような自覚症状が出てしまった場合、抜髄といって菌に感染した歯髄を取り除く治療が必要となります。

抜髄をおこなうにはまず局所麻酔を注射します。そしてエナメル質と象牙質を取り除き歯髄を露出させます。その後感染した歯髄を、専用の針でからめとり薬を入れ一度穴を閉じます。1~2週間したら根管充填剤というものを詰めセメント材でふたをします。

以上が抜髄の流れです。さらに歯髄の感染が進み、歯髄が完全に死んでしまっている状況が考えられます。この場合は死んで粉々になった歯髄を取り除かなければならず、抜髄の場合よりも難しい治療である根管治療という治療をおこなわなければなりません。

このようにむし歯の治療は段階によって様々です。段階が進めば進むほど治療は難しくなっていくので、歯が痛い、しみる、と少しでも違和感を感じたら当院にお越しください。むし歯の段階に応じて適切な治療をご提供いたします。

症例のご紹介

保険治療のケース

今はほとんど用いられなくなったアマルガム充填の周りから虫歯になったケースです。   充填前のアマルガムを除去し、虫歯の部分を取り除いて、レジン充填にて治療した状態です。

保険治療のケース

上顎前歯部に装着されている冠せ物ですが、歯ぐきの際に段差が生じ、虫歯ができてしまった状態です。   虫歯部分を取り除き、新しく冠せ物を入れ換えた状態です。患者さんの希望で、保険診療でいちばん白い色調のものを装着してあります。 両隣の犬歯も、同じ色で冠せてバランスをとってほしいと要望で、今後治療予定です。 今は天然歯と色を合わせられる患者さんは少なくなりました。

保険治療のケース

上顎の前歯4本の歯と歯の間の部分に詰めてあったものが変色して、段差も生じてしまった状態です。   上顎の前歯4本部の変色したつめもの(レジン)を取り除き、その下の虫歯の部分を除去後、新たにレジンをつめなおした状態です。

保険治療のケース

右上前歯に虫歯ができています。 レジン(プラスチック系)という充填物が入っていますが、その際から2次的な虫歯になってしまった状態です。 古いレジン充填物を除去して、その下にできてしまった虫歯の部分を取り除いた状態です。かなり深い所まで、虫歯になっていたことが解ります。
   
新たにレジン充填をして治療した状態です。    

保険治療のケース

左下大臼歯の咬合面に虫歯ができてしまった状態です。   レジン充填により虫歯部分を治療した状態です。

神経を除去したケース

右上の奥歯に痛みがあるとのことで診てみると大きく深い虫歯がありました。 レントゲンで確認すると神経まで達している状態でした。 神経を除去するために歯を削り、開窓したところです。 これから神経除去処置を行います。
   
歯根が3つに分岐している歯のため、その各々の中にある神経を取り除き、その歯根の長さを計測しているところです。    

診察の予約はこちら